ひと言集

文字サイズ:

画像の説明

平成23年8月18日

8月のことば

画像の説明

「年を重ねるということ」

 ある施設のスタッフが「私この年になってお年寄りの気持ちが少しわかるような気がしました」といった。また、「お年寄りへの理解が深まるってことで、自分が年を重ねるということが嬉しいことに思えるようになりました」と言う。彼女は間もなく定年を迎える。

 友人たちとよく食事をするが、70歳初めのころの話題では体の不調を訴える人は少なかった。もっぱら遊ぶことやお稽古のこと、旅行のこと、おしゃれのこと、美味しい食べ物のことが中心だった。70歳の後半から80歳になると体の不調についての話題が多くなった。特に膝の痛みや腰の痛みについての話題が多い。「こんな話若い人達は聞くのが嫌でしょうね」で話が終わるようになった。

 今年も猛暑が続いている。仕事を終えた時大きめのコップにアイスコーヒーをたっぷり頂いて電車に乗った。自宅まで約2時間半かかる。乗り換えの時や自宅のある駅でトイレに行く機会はあったが、家まで大丈夫という思いがあって我慢してしまった。

 自宅に着いてドアの鍵を開けようとしたら突如尿があふれだした。止めようとしても止まらない。「なにこれ?」と我ながらあっけにとられてしまった。

 高齢の方がトイレに行きたいと思ったら、我慢できずもらしてしまうということを体験してはじめてわかった。

 そういえばナースになって間もないころ先輩に、患者さんがトイレに行きたいと言ったら待たせないこと、できれば個々の人の排泄のパターンを知って訴えのある前にお誘いするようにと指導を受けたことがあった。