ひと言集

文字サイズ:

画像の説明

平成28年11月2日

11月のことば

2016年11月の画像

「ブロッコリーのリゾット」

 長寿の秘訣や医療費削減のために健康年齢をいかに長くするかなどの情報が溢れている。また、テレビのどのチャンネルでもサプリメントの情報が流れない日はない。元気で過ごすためにあれもこれも必要と思うと頭が混乱してしまう。

 幸いなことに私は食べ物に嫌いなものがないので「体に良い」という食品は一応何でも食べてみる。美味しくないのは料理が下手なためと思い自分好みにアレンジしてみたりする。暇ということもあるが、料理は好きな方である。

 最近よく作るのが「ブロッコリーのリゾット」である。今年は天候不順のため野菜の値上がりが目立っている。スーパーで野菜の値段を見て、ただただ驚くばかりである。どの野菜も一片たりとも無駄にできない。

 テレビで有名なシェフが「ブロッコリーのリゾット」を作っているのを見て「これだ」と思い作り始め、週1回は作っている。私なりにアレンジしたものであるが、ブロッコリーの硬い部分以外はすべて使うのが気に入っている。

◆材料
玉ネギ半分、ベーコン薄切り2枚、ブロッコリー半分、オリーブオイル、ご飯100g、鶏ガラスープの素、白胡椒、バター、粉チーズ、パプリカまたはミニトマト

◆作り方
鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りのタマネギと賽の目切りのベーコンを炒める。ブロッコリーの蕾だけを残して、茎(硬いところは皮をむいて)を細かく切ったものを入れる。水200ccと鶏ガラスープの素を適宜入れ、ご飯を入れて5分くらい煮る。胡椒を適宜入れる。
バラバラにしたブロッコリーの蕾を入れて混ぜ1~2分煮たら火を止めて3分ほど蒸らす。バターを入れて混ぜ盛り付け、粉チーズをかける。
白いご飯にブロッコリーの緑が美しい。
ミニトマトかローストしたパプリカ(赤と黄色)などを付け合わせる。

1人前であるが2食分くらいある。残ったら、冷めても美味しいし電子レンジで温め返してもよい。
さんまのマリネ(タマネギ、人参、クルミなどを入れた)などもう1品戴くと完全食のような気分になって元気が出る。

 認知症の予防の一つに料理をすることが挙げられているが、いろいろ考えアレンジして家族のため、自分のために幾つになっても美味しいものを作る。いいですね。